写真編集者 大田通貴

 


 1986年に深瀬昌久「鴉」を世に出して以来、1987年 森山大道「仲治への旅」、1990年 北井一夫「いつか見た風景」、1991年 尾仲浩二「背高あわだち草」、1992年 山内道雄「Stadt 街」など、次々と名作を世に送り出していく。
 1999年からはワイズ出版の編集を担当し、森山大道「4区」、須田一政「紅い花」、長野重一「遠い視線」、大西みつぐ「遠い夏」などを制作。ヒステリックグラマーからは綿谷修と共に、井上青龍、深瀬昌久、沢渡朔、鈴木理策、小島一郎他の写真集を手がける。そのほかRAT HOLE GALLERYなど編集協力写真集も数多く手がけた。
  2021年3月現在、蒼穹舎から出版された写真集は、関連本も含めて290冊弱。今も新宿御苑の小さな机で、年に10冊以上の新刊写真集が生まれている。

 
 
 
tel 03-3358-3974
蒼穹舎刊行書籍
直販は送料無料
 
13:00-19:00
休み 年末年始

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-3-5
新進ビル3F