多々良栄里 写真集「遠くから太鼓の音が聞こえる」

 
「それで、何か分かったかね」ふと声が聞こえたような気がする。この世に神がいるのなら、こんな風に語りかけてくる存在に違いない。(中略)菩提寺の大学寺、お墓のある惣右衛門、義父の母方の実家があった吉永を足がかりにして彷徨い歩いた。(あとがきより)
自らは暮らしたことのない先祖代々住み継がれた場所を歩き、土地からメッセージを受け取る。
「さようであるならば」から11年ぶりの新作。
 

img20230829215846706139.jpg tdatara-1.jpg tdatara-2.jpg tdatara-3.jpg tdatara-4.jpg tdatara-5.jpg tdatara-6.jpg tdatara-7.jpg tdatara-8.jpg tatara-9.jpg

4,400円(税込) 2023年9月23日
500部 A4変型
上製本 カラー
ページ数:112 作品点数:107点
編集:大田通貴 装幀:加藤勝也
 
多々良栄里(たたら・えり)
1969年、静岡市生まれ。

2012年 写真集「さようであるならば」(蒼穹舎)
http://www.eritatara.com

 


蒼穹舎へのご注文(送料無料)
Amazon蒼穹舎へのご注文


蒼穹舎刊行書籍につきましては、蒼穹舎へ直接ご注文いただいた方には送料無料でお届けしております。また、アマゾンにてご注文の場合は、送料250円をいただいております。

蒼穹舎へ直接ご注文の書籍は、郵便振替用紙と銀行振込のご案内を同封いたしますので、到着後、1週間以内にお支払いください。

新品の場合、本の乱丁、著しい汚れのみ交換の対象とさせていただきます。

 
 
 
tel 03-3358-3974
蒼穹舎刊行書籍
直販は送料無料
 
13:00-19:00
休み 年末年始
2023年は12/24まで
2024年は1/6から


〒160-0022
東京都新宿区新宿1-3-5
新進ビル3F